2017年02月17日 - 名古屋栄・錦のiPhone修理ブログ-リペアップル

  • リペアップル
  • 栄錦本店
  • 栄東店
  • 栄北店
  • お問合せフォーム
2017年02月17日 [バッテリー交換]
【アイフォン6Sバッテリー交換修理開始】

名古屋のアイフォン修理・コーティング専門店リペアップルです。FB TOP
いつも、画面割れや、液晶交換についてだったのですが、
今日は<iPhone6Sのバッテリー交換修理の方法について>です。
6S



・iPhoneのバッテリーの持ちについて


アイフォン6sもバッテリーの消耗が激しいと言われていますが、みなさん大丈夫でしょうか?
リペアップル栄錦本店でも、最近iPhone6Sのバッテリー交換希望のお問い合わせが多くなってきました。
はやくない?と思われる方も多いと思いますが、iPhoneのバッテリーの持ちについては使用頻度や個人差もありますし、もともとのバッテリーにも個体差がありますので、一概に何年使えますとは言えないものなのです。。バッテリー
特にゲームや長電話などで常に使用している方は、バッテリーの減りが早いと言われています。
朝充電完了していて、持ち歩いていただけなのにランチ時には50パーセントしかない!という状況の方は、バッテリー交換をしていただきますと一気に解消されます。

・バッテリー応急処置方法


<充電ができない>
充電ケーブルを差しても充電されない場合は、
『充電ケーブル(コード)が断線している』
『ドックコネクタ(充電ケーブルを差す部分)の故障』
『バッテリーの不具合・寿命』が考えられます。
その場合の応急処置法は、
◎違う充電ケーブルを差して試してみる。
◎スリープボタン+ホームボタン長押しの簡易リセット
(iPhone7の方は、スリープボタン+ボリュームマイナスボタン長押し)

<充電してもすぐ電池がなくなる>
バッテリーの寿命が考えられます。
バッテリーの寿命(経年劣化)がくると、電池の減りが早い以外にも、バッテリーが膨らむなどの症状が出てきます。
バッテリーが膨らんできますと、バッテリーに画面が押されてiPhoneの画面タッチが効かなくなったり壊れてしまう…なんてこともありますので早めのバッテリー交換をおすすめしております。

発売されてから1年半ほどたちましので、やはりそろそろバッテリーの寿命が増えてきたのではないでしょうか。
バッテリーの交換は、実はものすごく早くできる修理なんです。


・リペアップル修理受付方法


まずはお電話予約または店頭にお持込ください。052-955-8314
form
バッテリーの症状をお聞かせください。
バッテリーの故障だと思っていても、実は画面のパーツが壊れているだけだったり、本体の基盤(データなどが入っている心臓部分)が故障しているといったこともあります。
店頭スタッフにて、使用感をお伝えいただければ、だいたいの診断を刺せていただきます。
しかし、バッテリーを交換してみないとわからないという場合もございますので、その際は少しお時間を頂戴しております。
もし、バッテリーが原因ではなくディスプレイの問題などだった場合は、一度お客様に状況をご説明してから画面の修理をおこなわせて頂きますのでご安心ください。
受付にて同意書を説明させていただきますので、ご理解いただきましたらサインをいただきバッテリー修理スタートです。


・iPhone6Sバッテリーの修理時間


iPhone6Sのバッテリー修理に限らずですが、約15〜30分で終る修理になります。
ガラス割れや、液晶交換は約30〜40分。
水没修理は、基盤(心臓部分)の洗浄乾燥からおこないますので4〜6時間かかります。。052-955-8314
form



・iPhone6Sの修理価格


6Sのバッテリー修理価格は8,000円になります。

その他
6のバッテリー修理は7,500円
6Pのバッテリー修理は7,500円
5Sのバッテリー修理は6,500円
5のバッテリー修理は5,500円

お電話にてお時間予約を頂きますと激安割引になります。電話割引
052-955-8314
form

・名古屋のiPhone修理リペアップル栄錦本店の場所


名古屋市営地下鉄 栄駅1番出口から徒歩3分アクセス
1番出口を北へ進み、ワインショップまるこほ〜るさんを左折してください。
アクセス2久屋大通駅からの道順
名古屋市営地下鉄 久屋大通駅4番出口から徒歩1分久屋4番出口
4番出口を出て南へ進み、ワインショップまるこほ〜るさんを右折してください。
かんてい局錦店さんの隣のグレイのオフィスビル(こまビル)2階にございます。リペアップルビル
栄駅からも大変近く、当店にはトイレや待合いスペースもございますのでどなたでもお越しいただけます。

このページの先頭に戻る