iPhoneの裏ワザ-カメラ編-|名古屋の格安・当日iPhone修理と言えばリペアップル栄錦本店!激安アイフォン修理・コーティング専門名古屋で激安当日iPhone修理・スマホ強化ガラスコーティングはリペアップル栄錦本店が人気

  • リペアップル
  • 栄錦本店
  • 栄東店
  • 栄北店
  • お問合せフォーム

クレジット

  • facebook
  • instagram

iPhone_camera


今更聞けないiPhoneの裏技・小技
−カメラ編−

今回はiPhoneのカメラ機能を最大限に活用するための小技・裏ワザをまとめました。

【@iPhoneで写真をキレイに撮るには】


どこか旅行に出かけたり、オシャレなお店に行ったら気軽に撮れるiPhoneで写真を撮ること多いですよね。
せっかく撮るならきれいに撮りたいと思いませんか?そんな時にこの方法をお試しください。
◆グリッド線を表示させる
なかなかイメージ通りの構図で撮るのは難しのですが、グリッド線を出すと撮りやすくなりますよ。
設定方法
「設定」→「写真とカメラ」→「グリッド」をオン

グリッド線
撮影時、画面にグリッド線が表示されます。
グリッド線があればバランスの良い構図で撮ることができます。

◆明・暗の調節
こちらは以前ブログの方でもご紹介させていただきました。
撮影時に暗い部分をタッチすると明るく撮れます。白飛びしてしまう場合は黄色の四角の横に出る太陽のマークを上下に動かして調節ができます。
明暗調節
もちろん撮った後でも編集可能ですが、撮るときにも調節が可能ということを覚えておけば、後から編集しなくても済みますのでおすすめです。



【AHDRモードとは】


カメラを起動させると上の方に「HDR」と表示され、押すと「自動・オン・オフ」の設定ができます。
まずHDRとは何のことなのかをご説明いたします。
HDRとは「ハイダイナミックレンジ合成」の略で、古くからある撮影技術であり、シーンによって使い分ける必要があります。
iPhoneのカメラは元々キレイに撮れますがHDRモードで撮ると、より肉眼に近い写真が撮れます。
HDRモードはどのような仕組みになっているか簡単に説明しますと、
一度シャッターを押すと明るさの違う3枚の写真を自動で撮影し、その3枚を合成させることにより肉眼に近い写真に仕上げます。
iPhoneでは合成までを自動でやってくれるため、カメラロールには合成が仕上がっている状態で保存されています。
ではどんなシーンで撮るべきなのか使い分けをご説明します。
◎使用するといいシーン
・風景
  空の入った写真を撮る場合、普通に撮ると空が明るい分大地が暗くなりすぎてしまったり、
  逆に大地を明るくしようとすると空がきれいに映らなかったりします。
・直射日光
  直射日光では光が強すぎて影が強くなりすぎてしまったり、
  被写体が光りすぎてしまったり、うまく撮ることができません。
・暗い場所・逆光
  暗い所で撮るとうまく写りませんし、
  全体的に暗いのでiPhoneが自動で明るく撮ろうとして白飛びを起こしてしまいます。
これらシーンはHDRモードを使えば、バランスの取れたきれいな写真を撮ることが可能です。

×使わない方がいいシーン
・動きのある場所(人通りが多い街並みなど)
  HDRモードだと3枚写真を撮るため、その間に被写体に動きがありますと、
  そこだけブレてしまいうまく撮ることができません。
・コントラストを強調したい時
  影を強調したい場合などは逆に影が弱くなってしまいます。 
・鮮やかなものを撮る時
  充分鮮やかなものを撮る時は逆に鮮やかさを失ってしまいます。



【B写真の編集方法】


こちらも以前ブログの方でも一部ご紹介させていただきました。
写真を撮った後にカメラロールで写真の編集ができます。
カメラロールでの編集でできることはフィルターをかける・トリミング・明暗・コントラスト・彩度の調整です。
カメラロール編集ボタン
写真編集
編集アプリもたくさん出ていますが、一度iPhoneに元々ついている機能もお試しください。



【Cカメラロールから写真を探しだす方法】


写真をたくさん撮る人はカメラロールの枚数がつい多くなってしまうかと思います。
あの写真を今見たい!という時に探すのに時間がかかってしまうのはもどかしいですよね。
アルバムに分けるようにしてる人はすぐ見つけれると思いますが、枚数が多くなってからアルバムに振り分けるのは時間もかかりますし、面倒です。
そんな時にほんの少し早く探せる小技をご紹介します!
まずカメラロールの下の方に「写真・メモリー・アルバム」と表示されてますが、これの「写真」を押してください。
カメラロール1
すると「モーメント」という画面になります。次に左上にある「<コレクション」を押してください。
サムネイル画像が小さくなり画面に多く写真が表示されるようになります。「<年別」を押すとさらに細かい表示になります。
カメラロール2
小さくて1枚1枚が見にくいですが、画面に指をしばらく置いてみてください。すると少し拡大されて表示されるようになります。
カメラロール3
そのまま指を離さずに上下左右に動かしてみると指が置かれてる部分のサムネイル画像が拡大され、どの写真がどの辺りにあるのかがわかります。
見たかった写真を見つけたら少し強めに押してみてください。(※3Dタッチの場合)
すると見たかった写真が全面表示されます。
これでカメラロールをひたすらスクロールして探すよりは、早く探すことができるかと思います。
お気に入りマーク(ハートマーク)を押しておけばまた探しやすくなるので、おすすめです。


◆お問い合わせ◆
TEL:052-955-8314
form

このページの先頭に戻る